スレッドとは?|Javaから楽しく学ぶ!ゲームプログラミング専門学校

Javaから楽しく学ぶ!ゲームプログラミング専門学校

ゲームプログラミングとはその名のとおりゲームのプログラムを作ることを指します。『Javaから楽しく学ぶ!ゲームプログラミング専門学校』ではゲームプログラミングについて、実際にゲームプログラムをJAVAプログラミング言語を使用し、作成していきながら詳しく解説していきます。

スレッドとは?

スレッドとは、プログラムの実行単位のことを指します。
1つのプログラムは最低1つのスレッドを持ちます。

例として下記のようなサンプルプログラムの流れからスレッドについて考えてみます。

public class Sample{
int a;
int b;

public static void main(String[] args){
a = 1;
b = 2;

if(a < b){
System.out.println("変数bの方が大きい");
}else{
System.out.println("変数aの方が大きい");
}
}
}

Javaでは、mainという名前をつけたメソッドは特別な意味を持つことになります。
Javaで作成したプログラムを実行した場合、必ず一番初めにこのmain()メソッドが呼び出され、main()メソッドの先頭から順に処理が流れていきます。
この一つの処理の流れのことをスレッドと言うのです。

フローチャート01

左図は上記サンプルをフローチャート(流れ図)化したものです。
→ → →
と、処理が順番に実行されていきます。

一つのスレッドでは必ず一つずつ順番に処理され、2つの処理を同時に行うことはありません。

スレッド(Thread)を直訳すると「糸」という意味になりますが、左図を参照すると、そう名付けられた意味が見えてくると思います。

処理は1本の糸でつながっているのです。

トラックバック:0Edit
Copyright © Javaから楽しく学ぶ!ゲームプログラミング専門学校 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます